【冷え性改善で身体の不調も無くなる】2度の流産乗り越え新しい命授かる

母子2

私は39歳女性、専業主婦です。若い頃から冷え性で悩んでおり、冬は布団に入っても足先が冷たくてなかなか寝付けなかったり、夏は冷房の効いた部屋にいると寒くてすぐ手先や足先が氷のように冷たくなりいつも辛い思いをしてました。

スポンサードリンク

2度の流産を経験、冷え性が原因かも

生理も不順で、毎回とても耐えがたいひどい生理痛で、痛みに耐えきれず薬に頼っていた時期もありました。また、原因不明で熱が出たりして身体が不調なことがよくありました。身体の不調は冷え性が原因ではないかと感じはじめました。

30代中頃に妊娠したのですが、2度ほど初期流産を経験しました。とてもつらい経験でした。原因ははっきりわからなかったのですが、ネットなどで調べると冷え性が関係あるという情報があったので3度目はもう無いようにと真剣に冷え性を改善しよう決意しいろいろ実行しました。

市販の生姜パウダーで冷え性が多少改善、靴下の重ね履きは足の汗かきでかえって逆効果

飲み物はすべてノンカフェインティーにしました。今までは食後に緑茶を飲んでいたのですが、ルイボスティーに変えました。また朝は必ず粉末の生姜パウダーを飲み物に混ぜて飲んでいました。最初は生姜をすりおろして飲んでいたのですが、あまり効果を感じられず、市販の生姜パウダーを試したところ少し効果を感じたので続けています。また靴下の重ね履きをするようにしました。

スポンサードリンク

当時冷え取りが流行っていたこともあってか市販でいろいろなかわいい靴下が購入できたので、セットで購入して履いていました。私はあまりたくさん重ね履きするのは苦手だったので、2重くらいで履いていました。私は足に良く汗をかくので、靴下の重ね履きに関しては、かえって冷えを助長してしまう感があってあまり効果は感じられませんでした。

冬には湯たんぽを使用していました。これがとても良くて、足先がお風呂に入ってもすぐに冷たくなってしまうので、冬はなかなか寝付けないことが多かったのですが、湯たんぽのお陰で暖かく眠ることができるようになりました。

半身浴で身体が芯から温まり、布ナプキンに変えて生理痛が軽減された

一番熱心に頑張ったのは、半身浴です。これまでお風呂は熱いお湯に数分しか入らなかったのですが、39度くらいのぬるめのお湯に30分位毎日浸かるようにしました。30分も浸かるとぬるめのお風呂でも最終的には身体がポカポカしてきて、芯から温まります。お風呂から出てもなかなか湯冷めしなくなりました。

また生理用ナプキンを紙ナプキンから布ナプキンに変えました。布ナプキンに変えたことで、生理痛が軽減されました。生理痛になるとしんどくて一日寝ていることもあったくらいでしたが、布ナプキンにしてからそういうことがなくなりました。とても快適なつけ心地で生理であることも忘れそうになるくらいです。

これらのことを半年以上続けた後、再度妊娠し出産まで至りました。体がとても軽くなり、足のむくみなどもなくなりとても健康的になったと思います。私は冷え取りのお陰で出産まで行けたのだと思っています。これからも無理のない範囲で冷え取りは続けていくつもりです。冷え性が改善されると原因不明の体の不調が無くなるように思います。

スポンサードリンク