愛犬とのウォーキングで血の巡りが良くなり、基礎体温にも改善効果あり

愛犬とウォーキング2加工

私は42歳女性で現在は在宅ワークをしています。ずいぶん前から身体の冷えには悩んでいました。特に足先や下半身の冷えが酷く、それ以外の部分は温かいので血の巡りがかなり悪いのかなと思っていました。それに、月経前症候群でもあるため生理前の症状も酷くとても辛い思いをしています。

スポンサードリンク

愛犬との散歩をウォーキングと意識、歩き方を工夫する

足先や下半身の冷えを改善するには、身体を温めることと子宮が冷えないようにすることみたいなので、誰もが簡単に出来て手っ取り早くできるウォーキングのような有酸素運動がいいかなと思い愛犬のお散歩がてら歩き方を意識して始めてみました。

近所に大きな公園があるので毎日コースを決めて歩いていると、公園の半分くらい歩いた当たりから身体が温まってきたことが分かります。今まで愛犬とお散歩をする時でもペタペタと歩いていて運動という意識をしていなかったので、ウォーキングを意識し始めてからは風を切って歩くことが気持ちよく感じました。

スポンサードリンク

愛犬も一緒に楽しそうに歩いてくれるので一石二鳥だと思っています。ウォーキングをしている時は自分が気になっている部分を意識して行っています。生理前でお腹が痛む時はウエストを少しひねる感じで歩いてみたり、下半身の冷えには歩く時はきちんと地面を蹴り上げて歩くようにしています。

更年期の症状を感じ始め、愛犬とのウォーキングに基礎体温を上げるための体操をプラス

だいたい約30分くらい歩きます。寒い冬の日でも終えたあと身体がポカポカしてきて血の巡りが良くなったことが自分でもかなり実感です。うっすらと汗もかくので、とても気持ちがいいです。あと、最近は年齢的なこともあり更年期のような症状も感じてきていて基礎体温も上がりにくくなってきました。

やはり、それは身体の冷えが原因というのも1つはあるので、愛犬とのウォーキングと基礎体温を上げるための体操も始めてみました。体の中で一番大きな筋肉がつく場所は背中らしいので足を肩幅くらいに広げて手を横に広げてそのまま横に倒れる感じのポーズを一日に3セット行います。そうすると、子宮周辺の動きもよくなるし背中にも上手く筋肉がつき身体を温めてくれるます。

愛犬とのウォーキング、筋肉をつける体操で身体の変化を実感

以前、何もしていなかった時は何となく基礎体温が低温期ばかりだなと思っていました。それだと閉経も早くきてしまうため慌てて身体を温めることを始めました。今年の初め頃はずっと冷え性ということもあり低温期ばかりでしたが、今現在は高温期にもなるようになり愛犬とのウォーキングや背中に筋肉をつける体操を続けて行うことで身体が変わってきたなあと実感しています。

私の身体はすぐに冷えに繋がりやすいため、今後もウォーキングと体操などのちょっした運動を続けて冷え性改善をしていきたいと思っています。

スポンサードリンク