【簡単ストレッチで冷え性改善】お風呂で下半身ストレッチ、身体ポカポカ毎日が楽しい

お風呂あがり1-crop

私は52歳、女性です。フルタイムで事務の仕事をしております。冷え性の人にとって、冬場のお風呂はとても待ちどおしいですよね。50歳を過ぎたとたん、女性特有の冷え性に悩まされるようになりました。

スポンサードリンク

お風呂上りの気持ちよさ維持のために湯船に足だけ浸かって背伸び運動

1日中事務仕事で座りっぱなしのため、特に足が冷えてたまりません。湯たんぽを足元に置いたり、ブランケットで下半身をくるんだりしても夕方にはすっかり冷え切ってしまいます。お風呂に入ればその時はほっこりほぐれて温まるのですが、時間がたって眠るころにはまた冷えてしまい、足の冷たさでなかなか寝付けないことがありました。

どうにかしてお風呂上がりの気持ちよさを維持したいと思い、ネットで見かけた運動をやってみることにしました。まずは背伸びです。湯船に足だけ浸かって、その状態で背伸びを繰り返します。肩にはバスタオルをかけて冷えないようにしました。

ぐらつかないように手を壁に添えて、ゆっくりとかかとを上げ、ゆっくりと下ろします。足がお湯の中にあるので意外と寒くありません。行儀は悪いですがついでに歯磨きもできます。とても見せられた格好ではありませんね。

湯船に正座して半身浴、脚全体に力を込め身体がポカポカ、でも無理は禁物

次に、湯船の中で正座をして半身浴をします。寒さ対策でお湯に浸かっていない肩にはバスタオルをかけたままにしておきます。その状態で、脚全体にギュッと力を入れ、数秒維持してからふっと力を抜きます。力を入れると身体が持ち上がり、抜くと沈む感じです。

スポンサードリンク

何度か繰り返すうちに体が温まり、ポカポカとしてきます。しばらくすると汗ばむくらいです。この運動が一番効果があったように思います。途中からはバスタオルを外しても寒く感じません。脚が疲れてきたら、無理をしないうちに終了します。

正座のまま腹式呼吸で全身の血のめぐりが良くなる気がして、気持ちが落ち着く

今度は正座のまま、腹式呼吸をします。これもゆっくりとを心がけ、吸うのも吐くのも5秒以上かけて行います。全身の血のめぐりが良くなるような気がして、気持ちも落ち着きます。この後身体を洗い、最後に湯船につかる時には正座に腹式呼吸だけを行いました。こうすると湯上りもぽかぽかで、温かい状態が続きます。

動かしたのは下半身ばかりですが、それは特に足先が冷たいのが苦になっていたからです。だいたい10日ほど続けるうちに少しずつ楽になってきました。完全に冷え性解消とまではいかなかったのですが、お風呂からあがって眠るまでずっと冷えずに済むようになりました。

ぐっすり眠れるようになり、いっそうお風呂が楽しみに

なによりよく寝付けるようになった上、冷えで目覚めることもなくなり、気分よく起きることができるようになりました。夜よく眠れると、昼間眠気がさすことも少なくなります。肌の状態も良くなって気持ちが上向いてきました。

冷えていやだなあと思っていたのが、ぐっすり眠ることで切り替えられるようになったのです。いっそうお風呂が楽しみになりましたし、心に余裕が出来たように思います。

スポンサードリンク