つらかった冷え性、必須アイテム完成で改善、カギは同居の母さん

ポジティブ1

私は36歳女性、主婦ですがパートもしてます。冷え性だと認識したのは、20代前半の社会人になって数年が経過した頃です。

スポンサードリンク

毎日、養命酒を飲み腹巻をしてお風呂に浸かっても冷え性改善は実感できない

おもに冷え性の症状がでる個所は手足ですが、ひどい時は膝下から冷えます。歩く時にジンジンと痛かったり、夜なる時に手足が冷えて寝つきが悪いのがおもな症状でした。夏は職場の冷房で冷えてしまって、冬は外気温で冷え切ってしまったりと、1年中冷え性に悩むようになりました。

冷え性はすぐに治るものではないのは自覚していましたので、まずが改善させるためにインターネットで情報を収集しました。その中で、薬用養命酒の服用、冷え性改善には1年中腹巻、5本指のソックス、シャワーではなくお風呂に浸かると良いことがわかりました。

毎日朝晩に薬用養命酒を服用し、腹巻は毎日着用しました。仕事の都合上ストッキングを履くため、5本指のソックスは休日のみ履いていました。入浴もシャワーだけにならないように心がけました。これらを始めて1か月が経過しましたが、冷え性の改善は実感出来ませんでした。「これだけでは、冷え性は改善されない。」と痛感しました。

腹巻と5本指ソックスをシルクに、食生活改善と日々の運動をこころがける

次にインターネットで情報収集したのが、腹巻と5本指ソックスの素材はシルク製のものが最も良いということと、よもぎ蒸し温熱パッドと食事療法・運動療法です。腹巻と5本指ソックスは早速シルク製のものに買い替えました。よもぎ蒸し温熱パッドは、生理期間以外は毎日使いました。また社会人になってからの私の生活は、改善するべき点が多々ありました。具体的には、不規則で尚かつ外食が多い食事生活だった点、運動は全くしていない点です。

スポンサードリンク

無理なくライフスタイルを改善することにしました。食事に関しては実家暮らしだったため、母にしょうがや根菜類等の体を温める食材を使った食事を用意してもらいました。また外食の際も単に好きなものを食べるのではなく、極力温かいもので身体を温める食材を使ったものを食べるようにしました。

運動に関しても、ジム通いは長続きしないと思いましたので、車での移動を極力避けて歩いたり自転車での移動を心がけました。シルク製の腹巻・5本指ソックスは、今までの綿メインの素材のものと比べて汗をかいてもサラッと保っていて尚かつポカポカと温まるのを実感しました。食事・運動等のライフスタイルの見直して風邪をひきにくくなったなど、体調の改善は実感できました。

よもぎ蒸し温熱パッドは使用初日から冷え性改善効果を実感

ただその中でも1番冷え性を改善させてくれたのは、よもぎ蒸し温熱パッドだと思います。このよもぎ蒸し温熱パッドの効果は、使った初日から実感出来ました。体の芯からポカポカと温まり、夜の手足の冷えも軽減されました。

更によもぎ蒸し温熱パッドを4か月ほど使い続けていると、夜寝るときもぐっすり眠れるようになりましたし、寒い日に歩いていても膝下の冷えはほぼ感じなくなりました。今ではシルク製の腹巻・5本指ソックス、よもぎ蒸し温熱パッドは、私にとってはどれも手放せないアイテムとなりました。

これらの製品を使い続けて約1年半になりますが、現在は冷え性で苦しむことは皆無になりました。ぜひ、一度試してみる価値はあると思います。

スポンサードリンク