10代から冷え性を実感、友達に合わせて寒い日でもミニスカート、そのツケが20歳すぎてからの体調に大きく影響

生理痛2-crop

私は42歳、女性で在宅ワーカーです。自分が冷え性だなと実感したのは、子供の時からだったと思います。学校の教室は冬は足元がとても寒くて廊下からは隙間風が入ってくる感じだったので、すごく足が寒かったのを覚えています。

スポンサードリンク

冷え性を気にしなった10代のツケが20歳過ぎて身体に異変

その時はまだ、冷え性に関しては気にしていなく、10代の頃も冷え性でしたが、まわりの友達がみんな寒い日でもミニスカートはいていたのでやせ我慢していた感じでした。でも20歳を過ぎた辺りから、身体に異変が起こりました。

今まで生理痛という体験をした事が無かったけど、突然生理前にひどいお腹の痛みや吐き気や目まいなどが起こり、最初は自分でも何が何だか分かりませんでしたが、よくよく考えてみると生理の不調は子供の頃の冷えから蓄積してきてお腹の冷えにまで関係をしているのかなと思いました。

身体の不調であわや交通事故、本格的に冷え対策を考える

でも若い頃はそれでも、薬などを飲んで我慢していましたが、でも、痛みはどうにか治まっても目まいがどうにもならなくて、そんな不調の時に車の運転をしていていたら、ボーッとしていて信号無視をしてしまい身の震えが止まりませんでした。何もなくて良かったと思う反面何とか身体を改善をしないといけないと思い始めました。

スポンサードリンク

でも、長年の冷え性のためどうしていいのか分からずにいましたが、とにかく自覚する冷えには普段から気をつけるようにしました。夏の暑い日でも冷たい物を飲み過ぎないようにするとか、なるべく温かい物を食べるようにしました。あとは、夏に冷房がかなり効いている時はなるべく足先を冷やさないようにしたり、お風呂は必ず湯船に浸かるようにして身体の冷やし過ぎには気をつけました。

頑固な足の冷えはなかなか治るものではありませんが、寒い冬はすぐに足先が冷たくなるので、レンジですぐに温まる湯たんぽを見つけて家の中では常に足先や、生理の時はお腹や背中に当てることにするようにしました。レンジで温める湯たんぽは、今では10年くらい使い続けている私の冷えとり愛用グッズです。今では冬だけではなく夏も冷房で足先だけがとても冷えてしまうので、冬と同じように足先などに冷えている部分に便利に使っています。

鍼灸院の先生から足湯は冷えには効果的

あとは、冷えがとてもひどい時はバケツにお湯を溜めて足湯をしています。足湯をすることで全身の血の巡りがとても良くなり身体も軽くなる感じがします。少し面倒な所もあるので、忙しかったりすると、なかなか時間が取れない時がありますが、鍼灸院の先生の話ではかなり冷えには効果的な方法だそうです。

これから、年齢を重ねると、また身体の変化があり冷えはずっと私の中での課題だと思います.。今後も自分なりに情報を集めて冷え取り対策をしていきたいと考えています。

スポンサードリンク