冷え性で毎日寝不足、身体に悪いと思っていた電気毛布が救世主に!

ポジティブ女性2-crop

私は40歳女性、会社員をしています。私が冷え性であると思ったのは、大学を卒業して22歳から仕事を始めた時ですね。

スポンサードリンク

特に冬は毎日寝不足、身体がだるく憂うつな状態

ある日、手足が異常に寒くなったのです。冬はもちろんのこと、夏も寒くなることがありました。そのため、夏でも靴下をはくことが普通だったのです。ファッション的におかしいと思いながらも、いつも靴下を手放すことができなかったのです。

冷え性で一番辛いと思ったことは、なんと言っても寝る時です。寝るときに足と手先が冷えているので、なかなか寝付けないのです。テレビを見ながら横になっていると自然と眠くなり、寝ることができるかなと思ってやってみたのですが、やっぱりダメでした。

冬を迎えるだびに寝不足の状態が続いていました。その状態は、休みの日だったら昼間に寝ることができるのでまだいいのですが、仕事のある時には、昼間眠くてたちまち仕事の能力が落ちてしまいます。そのため、冬になるといつも身体がだるく調子が悪く、憂うつな状態になってました。

スポンサードリンク

寝不足解消にアロマに期待したが効果なし、プレゼントでいただいた電気毛布で感激

寝不足解消のため、寝つきをよくすることを考えて実行しました。まずアロマのお風呂に入りました。アロマの効能で、リラックスすることが出来て寝ることが出来るだろうと思っていたのです。雑誌等を読んだときも、そのようなことが書いてありましした。アロマのリラックス効果に期待を膨らませて、実施することにしたのです。

しかし、それも全く効果がありませんでした。そのため、寝不足状態は、ずっと続いていたのです。そんな時、電気毛布をプレゼントでいただきました。電気毛布については、身体に良くないと思っていたので使うことを避けていたのです。そのことが、本当に馬鹿げたことだったと後から思うことになりました。

それは、電気毛布を使うことによって、ぐっすり眠ることができたからです。その感激は、今でも忘れることができません。それほど、気持ちよく寝ることができたのです。身体が温まるとこんなにすぐに眠たくなるのだと、その時本当に実感しました。

冬の安眠は電気毛布の余熱でぐっすり、仕事もバリバリすることができる

その後は、毎年冬になると、電気毛布を使っています。最初に電気毛布を温めておいて、寝るときに電源を切ることにしています。余熱でぐっすり寝ることが出来ています。毎日の仕事もバリバリすることができて本当に電気毛布は素晴らしさと感激しています。

これからは良いものについて色々と使っていきたいと思っています。電気毛布は、冬になると手放すことができません。現在は仕事をしている時に足先が冷たくなることがあるので、便利グッズについても探したいです。

スポンサードリンク