お腹をいつも温めていたらいつの間にか冷え性改善、さらに生理前の下痢、便秘も改善

寒気1女性

私は現在30代後半の専業主婦の女性です。30歳過ぎた頃より冷えが気になるようになりました。具体的にはお腹が冷えて張ってしまうことが一番困りました。

スポンサードリンク

30歳で妊娠を意識、シルクの腹巻を1年中着用

夏は冷房や薄着、冬は寒いとお腹がはり痛みがでて辛かったです。今思うと便秘と下痢を繰り返していたと思います。またいつからか寒がりになり冷房に弱くなって、疲れやすくなりました。すぐ身体も冷えてしまい、お尻や首、二の腕、お腹が冷たくなってしまうことが多かったです。

20代の時はファッション中心で可愛い服でしたら薄着のこともありましたし、素足でサンダルやパンプスも履いていました。30歳で妊娠を意識したころに冷えがよくないと知り、このままではいけないなと思い身体を温めるよう注意するようになりました。まずすぐお腹が冷えて痛くなってしまうため腹巻を購入しました。

素材は温めてくれて、通気性もよいということでシルク素材の腹巻を夏は薄出のものを、冬は厚いものを1年中着用してました。この腹巻のおかげでお腹を触っても冷たくなることが少なくなり、お腹が張って痛くなるということがだいぶ減ったと思います。

スポンサードリンク

温かいルイボスティーをマイ水筒で毎日携帯

それから、いつも持ち歩いていたのは水筒です。身体に冷たいものは身体を冷やし、胃腸を冷やすとのことなので、なるべく体温よりも温かいのものを飲むように心がけました。冷たいビール大好きですし、夏はのど越しがいいので、つい冷たいものを注文してしまいがちです。

コンビニで冷たいペットボトル買うのではなく、自分で水筒をいつも携帯し、中に温かいルイボスティーをいれて飲んでいました。夏は慣れるまで冷たい飲み物の誘惑に負けそうでしたが、慣れてくると温かいルイボスティーも美味しく感じられました。

炭酸泉の入浴剤で毎日温泉気分、血流がよくなったのかすごく身体が楽になる

私は身体を温めることを意識してから温泉が大好きになったのですが、家で毎日入るわけにもいかず何かよい方法はないかなと色々探していると,、炭酸泉は血流をよくし身体を温めてくれるとのことを知り、薬局で炭酸泉入りの入浴剤を購入、毎日の入浴時にそれを入れるようになりました。

炭酸泉の入浴剤をいれると、入浴後も身体が冷めにくいのを感じぽかぽかしていました。また疲れがとれやすくぐっすり眠れるので、すごく身体が楽になりました。さらに便秘と下痢が改善し、よいお通じが出るようになりましたし、身体が冷えてお腹が痛くなるということは油断して薄着になったりしない限りほとんどなくなりました。

以前より寒がりでなくなり、下痢を生理前でもしなくなったなと感じはじめていた頃、妊娠しました。自分にあった身体の温め方を見つけ冷えを改善することが大事だと感じました。

スポンサードリンク