突然、物忘れがひどくなり冷え性悪化、漢方薬とジム通いで冷え性改善中

漢方薬画像2-crop

私は43歳、女性で自営業です。パソコンに向かって作業をしている時間が長く、普段は買い物や子供の送迎くらいしか外出する事がないので、運動不足も相まって筋肉が少なめです。

スポンサードリンク

40歳過ぎて手足の冷たさに加え物忘れがひどくなる

独身時代からやせ形で子供の頃から手足が冷たいという根っからの冷え性で、あまりにも足が冷たくて眠れない時は布団の中で母の足に挟んで温めてもらった思い出があります。物心ついた頃から冷え性ですので、冷えに対しては夏場に特にお腹を冷やさないことや、冬場はマフラーや手袋をつけて外出をし、室内にいる時も靴下を履く、フリースなどで人よりも暖かくして過ごすようにしていました。

ところが40歳になった10月から、急激に調子が悪くなりました。今までは手足の冷たさだけでしたが、その時は頭の回転が悪くて物忘れがひどいと感じるようになりました。父が脳梗塞で亡くなっていることもあり、不安になって脳神経外科を受診しMRIを受けましたが特に異常なしの診断でした。

足湯をしても全く足が温まらない、凍死してしまうかもと心配してしまう

その後は、更年期障害を疑い婦人科へ行き、結局は元々あった冷え性がひどくなって、それが原因で冷えや頭の回転といった血の巡りが関係する部分に影響が出ているのではと医師から言われました。

スポンサードリンク

まさか冷え性が原因で頭の回転まで影響するとは思えませんでしたが、冷えがきつくなって更年期障害の症状のような状態になっていると診断され、ひとまず冷えに効くと言われる漢方を1種類処方していただきましたが、それだけでは冷えが改善されると思えず、追加でもっと冷えに効く漢方を処方していただき、未だに朝と晩の1日2回服用しています。

頭の回転が鈍ったのと同時期に、急に寒くなった日がありました。家の中で靴下を履いても暖房をつけても足が寒くて耐えられず、足湯をしたのに全く足が温まらなかったこともあります。この時は凍死してしまうのではないかと心配したほどです。しかし漢方を飲み始めて1ヶ月くらい経過して、そんなに寒さを感じることもなくなってきました。

漢方薬で冷えが落ち着き、ジム通いで筋力アップに取り組む

現在は夏場でもエアコンが効いていて電車や室内で冷えていることがあるので、冬場だけでなく1年を通して漢方薬を飲んでいるため、冷えも落ち着いてきています。また2年前からジムに1ヶ月に3回は通っているので、前より筋肉がついて代謝が良くなってきました。

常にパソコン作業をしている、歩いている時間が少ないという冷え性の方は絶対に運動をしたほうがいいと思いました。私には漢方と代謝をあげるための運動が自分の身体にはあっています。今後も油断せずに継続して続けて行こうと実践中です。お風呂に長い時間入るなどの外部的な刺激より内部への刺激のほうがより有効だと感じます。

スポンサードリンク