【靴下の重ね履きと毎日の半身浴で冷え性改善】大したことはしていないが、継続することが大切

半身浴2

現在28歳の女性会社員である私は、20歳を過ぎたあたりから自分の身体が冷えていることを自覚するようになりましたが、その時は冷えを改善しなければという意識は特になく、そのまま同じ生活を続けていました。しかし、25歳を過ぎたあたりから、急激に冷えが強くなり始めたのです。

スポンサードリンク

年中冷えている足先、冬には何をしても全く温まらなくなった

特に冬になると、1年中冷えている足先が一層冷たくなり、それまでは手やヒーターで温めれば少しはましになっていたのが、全く温まらなくなっていたのです。足湯に浸かってもすぐ冷たくなるし、靴下を履いても全く効果がなく、足先が冷えすぎて普通の体制で寝られなくなりました。

寝る前は布団の中であぐらをかいて少しでも温めながら寝る毎日。他にも激しい生理痛や頻繁にお腹を下すことなど、冷えを感じる場面は多々あったので、さすがにこれはどうにかしないとと感じたことがきっかけで、本格的に冷えを改善する取り組みを始めました。

仕事以外は靴下の重ね履き、休日の半身浴は朝・晩の計2回実施

まず始めたことは、靴下の重ね履きと半身浴です。靴下は、肌に直に触れるものとして推奨されている絹の5本指靴下から始まり、綿の5本指靴下、絹の先丸靴下、綿の先丸靴下と、最低でも4枚重ねています。

スポンサードリンク

入浴のとき以外1日中履いているのが1番良いのですが、仕事の都合上なかなかそうもいかないため、自宅にいるときや寝る時、休日はこの格好でいるようにしています。半身浴はほぼ毎日、最低でも20分は行うようにしました。足先が極端に冷えているので、下半身を重点的に温めようと考え、あまり熱すぎない温度でゆっくり浸かっています。

本を読んだり好きな香りの入浴剤を入れて入っているとあっという間なので、毎日でも続けられています。本当は朝晩入るのがベストなのですが、なかなか平日は時間が取れないことが多いので、休日は半身浴の時間を優先に考え朝も入るようにしています。

開始から3ヶ月で徐々に冷え性改善効果を実感

そんなにたいそうなことはしていないのですが、靴下の重ね履きと半身浴を始めて約3ヶ月、それまでは靴下を履いていても半身浴をしても足先は冷たいままだったのですが、少し改善がみられるようになりました。

靴下を履いている最中は感じる冷えの度合いが減り、半身浴をして数時間は足先が温まるようになったのです。改善を実感する前はあまり効果がないんじゃないかと思ったこともありましたが、
3ヶ月後からは徐々に冷えが改善するようになり、やはり継続することが大切だと感じました。

今も靴下の重ね履きと半身浴を続けています。冷えの度合いは以前と比べかなり改善はしてきていますが、まだまだ体深部の冷えは取れていないと感じます。今度は生理痛を改善できるよう、より一層冷えとりに力を入れていきたいと思っています。

スポンサードリンク