冷え性なのに冷えたビールが大好きな私、ジンジャーシロップが強い味方!

生ビール-crop

私は46歳、女性、事務のパートタイマーで働いてます。30代後半ぐらいから、身体の先端がいつも冷たくて身体がだるいなぁと感じ始めました。

スポンサードリンク

マッサージ店で施術後に飲んだジンジャーシロップが忘れられない

足先が特に冷たく冷えて、手の指先もジンジンとよく冷えていました。そしてついにお腹や腰までが冷えて冷たくなってきました。これは内臓が冷えてるなと感じました。40歳ぐらいの時に主人の母にすすめてもらってまず生姜湯というものを飲むようになりました。生姜湯を飲むと体がポカポカとしてきて、身体が内側から温まるような気がしました。

数日後、肩こりなどを揉み解してくれるマッサージのお店で施術が終わった後にジンジャーシロップのお湯割りをいただきました。生姜湯とまた違ってあっさりとしていて、とても飲みやすかったので、そちらでチラシをいただいて帰りました。

気になっていたので、再度お店に出向き、いただいたジンジャーシロップを購入しました。それからは毎日ジンジャーシロップのお湯割りを飲んだり、紅茶に入れて飲んだりと欠かさず毎日飲んでいました。すると、1か月ぐらい飲み続けていたら、毎日何となく元気だし、足先も手先も全然冷たく感じなくなってきました。

スポンサードリンク

ジンジャーシロップのおかげで、全く寒さ知らずで冬を乗りきれた

どちらかというとポカポカしてるかも、と実感しました。ジンジャーシロップを毎日少しずつだけれども続けて飲んでいたのが良かったのでしょう。その年の冬は全く寒さ知らずで、すごく元気に動き回れました。

ジンジャーシロップがなくなっても今の季節は購入していないのですが、秋にはまた購入しようと考えています。しょうがを漬けて自分でも作れるみたいなのですが、手軽さと飲みやすさでついつい買ってしまって美味しくいただいています。また秋冬になると汗も出なくなり、代謝が悪くなってくるので是非ジンジャーシロップのお湯割りなんかでスッキリと体調良く過ごしたいものです。

夏こそジンジャーシロップで身体を芯から温める

お腹まわりの冷えはまだ少し残っています。夏には冷たいビールやお水などをごくごく飲むので体内が冷えているのがわかります。たまに冷房の効いた部屋で、冷たい物ばかりを食べたり飲んだりしているとお腹を壊してしまう時があります。

やはりそんな時には生姜湯を飲みます。生姜湯はかたくりが入っていて少しとろっとしているのが特徴で、お腹の中にあったかいまま少しの間お腹を温めてくれます。夏こそ、冷房や冷たい飲み物などで身体が冷えてるので、身体をいたわってジンジャーシロップを飲まないといけないなぁと思い始めました。身体の芯を冷やしては女性は絶対ダメですから、夏にこそジンジャーシロップを飲みたいと思います。

スポンサードリンク