【冷え性が漢方薬で改善】東洋医学の凄さを実感、医師と相談して自分に合った漢方薬を探してみては?

漢方薬画像1

私は32歳の男性で、職業はフリーのグラフィックデザイナーです。小さい頃から冷え性だった気がしますが、17歳ぐらいの時から、冷え性は酷くなってきました。それはおそらく、食生活があまり良くなかったからというのもあるかと思います。

スポンサードリンク

冷え性なのに自立神経の乱れなのか手汗、足の汗が凄い

冬は手足がカチンコチンに冷えて、寝る時は必ず厚い靴下を履いて寝ていました。それでも足はとても冷たかったです。人と握手した時は必ず「手が凄く冷たいね」と言われていました。夏場でも、エアコンを少しでも効かせると、特に足が冷たくなり、辛い状況でした。

自立神経の乱れからきていると分かるのは、冷え性にも関わらず、手汗、足の汗が凄いからです自立神経失調症だったと感じます。そんな状態が続いていたにも関わらず、30歳まで冷え性の対策は特にしていませんでしたが、だだ1つ厚い靴下いつもを履いていたぐらいです。

漢方薬「半夏厚朴湯」を藁にもすがる思いで服用、冷え性が完全に無くなる

夜寝る時はマッサージをすると足先の冷えがややマシになるので、自分でマッサージをしたりしていました。冬場は靴下を2、3枚ぐらいは重ねて履かないと冷えて痛くなるぐらいでした。30歳になり年齢的なこともあってだいぶ辛くなってきたので、これは何とかしないといけないと思い、生姜が冷え性に良いと一般的に言われているので、まず生姜茶を飲んだりして身体を温めてみましたが、あまり手足の冷えに効くことはありませんでした。

スポンサードリンク

その次に、自立神経の乱れや冷え性には漢方薬が良いと聞いたことがあり、自分にあった漢方薬を探してみると、半夏厚朴湯という漢方薬が冷え性にも効くし、他の色々な症状に自分が当てはまっていたので、藁にもすがる思いで1日食前に服用してみることにしました。

すると、1日飲んだだけで、手足がポカポカになっているのが分かり、特に足の冷えが酷かったのですが、逆に足がポカポカするぐらいになっていました。それからずっと飲み続けると、冬場でも全く手足の冷えが無くなり、まるで別人の体質に生まれ変わったようでした。1年間ほど飲み続けていると、体質が完全に改善したのか冷え性が完全に無くなりました。

冷え性改善におすすめは漢方薬、医師と相談がベスト

しかし、漢方薬で冷え性が改善したからと言って油断して食生活が乱れると、また冷え性になってしまうと思うので、栄養バランスの良い食生活に気を付けて自立神経の安定を保っていたいと思います。私が冷え性の方に最もおすすめするのは、漢方薬です。

私が飲んでいたのは半夏厚朴湯という漢方薬ですが、他にも冷え性に効く漢方薬はあるので、自分の症状に合う漢方薬を探して、それを継続して毎日飲んでいると、だいたいの方は冷え性が治るのではないかと私は思います。漢方薬は処方箋があるとだいぶ経済的に助かるので、医師と相談してみるのがベストかと思います。

スポンサードリンク