【冷え性改善】毎日鍋料理、まるで相撲部屋

%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%93%e9%8d%8b1-crop

私は47歳で専業主婦歴20年です。つい2年くらい前までお腹まわりの冷え性に悩んでいました。冷え性かなと感じ始めたのは、出産から1年くらいたったくらいからと思います。32歳で出産したので冷え性歴12年ということになります。

スポンサードリンク

鍋料理は冷え性改善にベストチョイスと自分だけ納得

子供優先で日々を過ごして来ました。自分のことは後回しということで、冷え性をほとんど放置してました。子供にもだいぶ手がかからなくなって、余裕が出てきたので、年々重くなる冷え性を何とかしようと考えるようなりました。

まずは、食生活の改善から始めました。身体を冷やさない食事を心がけています。ずぼらな私は基本的に、夏でも鍋料理が中心です。なんか相撲部屋のようです。冷え性改善にはベストチョイスと思います。

具材は飽きないように色々工夫してますが、野菜中心ですが、たんぱく質も多く摂るよう適宜に肉類・魚介類等を入れてます。内容によって、身体を温める生姜、ニンニク、山椒などのスパイスをアレンジしてます。

甘い清涼飲料水も我慢、妊婦の時に飲んでいたルイボスティーに変更

前の日の鍋料理のスープを、朝食に飲むことにしてます。そうすると朝から身体が温まって、身体の動きが軽いというか、なんかいい感じでその日を過ごせます。

スポンサードリンク

ダイエットのため糖質制限を行っていたので、基本的に炭水化物は15時以降は摂らないようにしてました。飲み物も子どもと一緒で甘い清涼飲料水が大好きでしたが、妊婦の時に飲んでいたルイボスティーに替え、常温もしくは、ホットで飲むようにしました。

このルイボスティーは家族に不評なので私専用です。また朝起きたら白湯を毎日湯のみ茶碗一杯飲みます。これを飲むと腸が目覚めると、同じ冷え性のママ友にすすめられたから飲んでます。

毎日鍋料理で家庭不和になりそうだったので、今は1人鍋料理

このように食生活を変えてから1年くらいたった頃から、冷え性がつらく感じなくなってきました。
特に、とても重かった生理痛の苦しみから、解放されたことは超感激です。便秘も解消され毎日快便です。

やはり、毎日鍋料理というのは、家族、特に子供にとってストレスがたまり、家庭不和になりそうだったので、今では、私だけ1人鍋料理になりました。身体が芯から温まり、身体が軽く感じられて、立ち上がるのもおっくうだったのが、今ではほとんど苦になりません。身体を動かすことで、身体の代謝が上がり、足の筋肉がついたのかなと思います。

ここ1年は毎日快適に過ごせてます。今後もこの食生活を継続して、さらに軽い運動やストレッチ、半身浴など生活習慣を見直して、間もなく来ると思われる更年期障害に備えて、冷え性になりにくい身体を手に入れたいと考えてます。

スポンサードリンク