【冷え性改善】 胃腸の調子を整えるために始めた高麗人参茶で一石二鳥

%e9%ab%98%e9%ba%97%e4%ba%ba%e5%8f%82%e8%8c%b6-crop

私は満50歳の女性、専業主婦です。冷え性を意識したのは、10代の後半のころからでした。あまりにも身体が冷えるし、特に手足が冷えて、冬は電気アンカがなければなかなか眠れない状態でした。

スポンサードリンク

冷え性は仕方がないものと思い込み、改善しようとは考えていなかった

普段でも足の冷えで、いつも冷たいということを感じつつ生活をしていました。冬でなくても、春や秋にもそういう状態が続くので、いつも靴下は欠かせませんでした。夏の暑い時を除いて、いつも靴下にはお世話になっていました。

あとは、誰かと手をつないだりするにしても、あまりにも冷たいので、嫌がられるのではないかと思うくらい、悩んだりしていました。

しかし、冷え性を改善するということは正直考えてもなく、仕方がないものだと思い込んでいました。40代の半ばくらいになって、手足の冷えということでなく、胃腸の調子がかなり悪くて、高麗人参を飲むようになりました。

胃腸のために飲んだ高麗人参茶で身体がポカポカに

普通の人参茶だと身体に合わなかったのですが、高麗人参というものがあるのですが、それは胃腸にやさしくて私の身体にも合いました。その高麗人参茶を飲むようになって、身体がポカポカとしてきました。

スポンサードリンク

単に身体がポカポカするだけだと思っていたのですが、5年くらい続けて飲んでいるうちに、手足の冷えが知らないうちに緩和されていたのです。普通だと春や秋などでは、靴下をはいたりしていたのですが、全然平気だし手もいつも暖かい状態を保っています。

冬でも特別な寒さでないかぎり、それほどの寒さを感じないようになりました。これは自分だけだと思ったりしたのですが、私の知り合いは、あまりにも身体が温かくなりすぎたので、高麗人参茶を飲むのを辞めたという人もいました。私だけのことだと思っていたのですが、他の人も同じという話を聞いて実際に効果があったんだというのことを、実感しています。

高麗人参茶を飲み始めて5年、手足が多少冷たくても身体の芯は温かい

以前寒い時には、お風呂に入って身体を温めないと足から冷えて、身体の芯まで冷たいというのを感じていたのですが、発酵人参を飲んで5年ほどする今では、手足が多少冷たかったとしても、身体の芯は温かくて、その影響を受けるというのもないのが現状です。

これほど効果があるとは思っていなかったし、冷え性のために始めたわけではないので、一石二鳥という感じです。しかし考えてみると、身体の冷えから胃腸の調子の悪いのも、来ていたかもしれないという気もしてやみません。

今後もマメに継続して高麗人参茶を飲んでいきたいと思っているのですが、他のものも同時に試してみるのもいいかと思ったりします。身体に良いというものは、その一部に効くだけでなく、他にも良い影響を与えてくれるということを、とても実感させられています。

スポンサードリンク