血行改善で冷え性対策、生活習慣病数値も低下、豆乳のもの凄いパワーに脱帽!

%e8%b1%86%e4%b9%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88-crop

私は現在41歳の男性会社員です。子どもの頃から体温が低く、手足の冷えと肩こり、偏頭痛を起こしてきました。

スポンサードリンク

冷え性と生活習慣病、これはヤバイことになると感じる

20代半ばに、食生活改善をして若干ではありますが、肩こりと偏頭痛は治まったのですが、冷え性だけはどうにもなりません。テレビで血管年齢や血行について紹介している番組があり、その番組内で、手のひらが赤いと血行が悪い可能性があるということを知りました。

ただ赤いだけでなく、斑模様で赤い人は要注意と紹介されてました。以前から私は手のひらが赤いと感じてたので、もしやと思って手のひらをよく見てみると斑模様で赤みがついてました。明らかに私はこの項目に該当する、つまり血行が悪いんだと感じました。

ある日、40歳から無料でしてもらえる、特定検診を知り、このような状態だったので検診を受けてみることにしました。

検診の結果で異常な数値だったのは血圧(上149、下102)、尿酸値(7.0)でした。軽度とはいえ高血圧ですし、尿酸値7.0っていうのは痛風の発作がいつ発症してもおかしくないという数値です。

冷え性にプラスして生活習慣病、これは食生活改善をしないとヤバイことになると感じ、血行改善と尿酸値低下をしなければいけないと考えました。

冷え性と生活習慣病を改善する効用がある豆乳を飲むことにした

このような、危機的な身体の不調を改善するために、豆乳を飲むことにしました。豆乳を選んだ理由は、動脈硬化予防と尿酸値低下効果があるからです。

豆乳には、血行を促進し血行不良から来る冷え性や肩こりを軽減するビタミンE、過酸化脂質生成を防ぎ動脈硬化・肥満・高脂血しょう・肝臓病等の生活習慣病予防をしてくれる大豆サポニン、豆乳たんぱくが消化される時に、血圧降下剤と同様の働きをする生成物が出来るので、高血圧を防ぐといった働きもあります。

スポンサードリンク

しかも大豆製品は、たんぱく質が多いのは言うまでもありませんが、身体をアルカリ性に変えて、尿酸を減らす効果とカリウムによる利尿効果で、尿酸を尿と一緒に排出する役割もあるんです。この時尿酸だけでなく塩分も一緒に排出してくれるので、塩分過多による高血圧も防いでくれます。私が気にしてる血行改善と尿酸値低下が同時に出来るっていう優れものですから、飲まないわけにはいきません。

豆乳と言っても、種類がたくさんあるのでどれにしようか迷いました。色々調べ、飲みにくいけど豆乳成分たっぷりなのが無調整豆乳、豆乳成分は無調整豆乳よりは少ないが豆乳臭さの残る調整豆乳、さらに豆乳成分は少ないが、豆乳の苦手な人でも飲めるようフレーバーで味付けした豆乳飲料の3つに分類されることがわかりました。

豆乳ってあまり美味しくないっていう印象があったので、最初は豆乳飲料のバナナ味から試してみました。少し豆乳っぽさを感じますが、バナナオレみたいな味でとても美味しいんです。1週間ぐらい飲んでから調整豆乳を飲んでみると、思ったほど不味くなく飲めました。バナナ豆乳でワンクッション入れてあったのも良かったんでしょう。

ただ、一番豆乳成分の濃いとされる無調誠意豆乳、これはなかなか手ごわかったです。最初買った時はこれは飲み物ではなく、料理とかで使うものなのかなって感じたほどです。飲めるようになったのは豆乳を飲みだしてから3ヶ月ぐらい経過してからです。

豆乳を飲みだしてから1年経過してますが、最初の3ヶ月は調整豆乳と豆乳飲料、3ヶ月経過後から現在までは無調整豆乳と調整豆乳という感じで、豆乳成分が多く摂れるように飲んでます。

豆乳パワーで血行改善、冷え性も生活習慣病の数値も改善

豆乳を飲みだしてからの体調の変化ですが、手の赤みが消えだしたって感じたのは最近ことです。飲みだしてから約1年ほどかかりました。

あと、冬場は足の冷えがとてもひどく、寝られない時があったのですが、豆乳を飲むようになってからは、以前ほど冷えで苦しんでません。このあたりも血行改善効果のおかげかなって思います。

先日、1年ぶりに特定検診を受けてみたのですが、結果は血圧(上128-下87)、尿酸値(6.2)と去年より改善されてました。冷え性も改善されつつあり、今では豆乳の味にすっかり慣れてしまい美味しく感じます。これからもこの豆乳で血行改善対策を続けて、冷え性と生活習慣病予防をしていこうと考えてます。

スポンサードリンク