血行不良を改善して冷え性改善、生姜とウォーキングで冷え性歴40年にピリオド

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%84%9a-crop

私は49歳、女性、フリーライターの仕事をしております。長年、冷え性に悩んでいます。そのため、人よりも寒がりで服装も厚着です。

スポンサードリンク

赤ちゃんの頃から冷え性、生まれつきの体質なら治らないかもしれない

夏は冷房の効いた部屋にいると、すぐに風邪をひいてしまいます。さらに最近は肋間神経痛にも悩まされています。足もすぐにむくみますので、毎日のマッサージが欠かせません。冷感じんましんという持病もあり、身体がとても冷えやすいので日常生活が大変なこともあります。

冷感じんましんを発症したのは19歳くらいの頃です。その頃はこの症状が冷えから来ていることを知りませんでした。思い返せば、自分が冷え性だと感じたのは、小学6年生くらいからかもしれません。その年の冬に冷えから膀胱炎になりました。

それ以来、冬は特にかなり厚着をして過ごすようになりました。しかし、冷えやすい体質はもっと前からかもしれません。というのも、赤ちゃんの頃からしもやけがひどく、毎年冬はしもやけになっていたと母から聞いたことがあるからです。

寝る時に手袋や靴下を履くようになってから、徐々にしもやけは改善されていきました。生まれつき冷え性体質ならば、治らないものかもしれないと思ったこともありました。

スポンサードリンク

血行改善のためにウォーキングで筋肉増量に期待、飲み物には生姜パウダーを混ぜる

4~5年前に、まずは血行を改善するために、筋肉量を増やそうと思いました。それまでも運動は断続的に行っていたのですが、冷え性改善を意識した運動ではありませんでした。血行を良くするために、下半身強化と考えて、毎日ウォーキングを行うことにしました。どんなに寒い日でも歩いていると、次第に汗ばんできます。

ウォーキングが終わった頃には、かなり汗ビッショリになってしまいます。身体がポカポカと温かくなり、血行が良くなっているのがわかりました。さらに最近は毎日生姜パウダーを飲み物に入れて飲むようになりました。生姜は風邪をひいた時に利用していたのですが、それを毎日習慣にすることによって、血行をさらに高めようと思いました。

年齢を重ねるとともに悪くなる血行を、生姜とウォーキングで改善

結果はすぐに現れました。他の人よりも寒さを感じなくなったようで、夏から秋に変わる時期に、肌寒い日に半袖を着ていても、寒さを感じなくなりました。肌の表面がいつもポカポカと温かい感じがします。冬になって寒くなったら、どう感じるのか今から楽しみです。

生姜は身体を温める効果があると知っていましたが、毎日続けることにより、その効果も継続していることをかなり実感しています。これからさらに続けていくことによって、今以上に血行が良くなり、冷え性も改善していくような気がします。

年齢を重ねるとともに、新陳代謝が悪くなり、血行も悪くなっていきます。これからも、生姜とウォーキングで、身体を冷やさないようにしていきたいと思っています。

スポンサードリンク