経験値の差、つらい生理痛を改善したければ、おばあちゃん達に聞くのがベスト

%e5%ab%81%e5%a7%911

現在36歳、販売員をしている私は、中学生の頃から、いわゆる生理痛と呼ばれる厄介な症状と付き合っていますが、35歳を過ぎた頃からその症状が以前よりも辛く感じるようになりました。

スポンサードリンク

つらい生理をご年配の方に相談、一様に身体の冷えを指摘される

おもに痛むのは下腹部だけでしたが、ここにきて腰も痛むようになり、頭痛を伴うこともあります。しかも、私の場合、生理が始まってしまえば、徐々に和らいではいくのですが、始まるとおぼしき1週間前から、その不調が始まるため、憂うつで仕方なく、原則立ち仕事ですが、合間を見ては椅子に腰掛けていました。それほどまでに辛かったのです。

ある日、仕事柄ご年配の方とお話しする機会が多い私は、何の気なしに、お客様との会話で最近生理痛が酷くなってきてることをお話ししました。皆様とても親身に聞いてくれ、アドバイスをくれました。何人かの方に伺ったのですが、お客様方が一様に口にしたことが「身体の冷え」でした。

確かに考えてみたら、辛さを感じるようになった頃から、手足の先の冷えや、何となくお腹の調子が悪いと感じることが増えたなと、思い当たる節がいくつかありました。

スポンサードリンク

身体を温めるだけで、生理痛が軽減されるなんて、最初は半信半疑、怠ると生理痛がひどくなる

このことをきっかけに、「温める」ことを意識するようにしました。生理期間中はもちろんのこと、普段からいわゆる3首(首、手首、足首)を冷やさないように心掛けるようにしました。

生理期間中は下腹部にホッカイロを貼るようにしました。最初は半信半疑でしたし、馬鹿にもしていました。ご年配の身体と30代の私の身体では作りが違うと。ところが、私はすぐにその考えが愚かだったことを突きつけられたのです。違うんです!痛くないのです!

しかも、血流が良くなったせいでしょうか、他の症状も気にならなくなったし、鎮痛剤を1日2回は服用していましたが、1回ないし、飲まなくても良いくらいまでに痛みを感じなくなりました。

「温める」ことを開始したのは1年前の春で、現在も継続中です。時々、面倒臭くなり、冷たいものばかり摂っていると、大体その月の生理は生理痛がひどいです。

おばあちゃん達の言うことを小馬鹿にしていた自分を反省、大事なことに気づかせてくれたことに今は感謝

「温める」ことは、自分には関係がないと思っていたし、何より、おばあちゃん達の言うことなんて、と小馬鹿にしていましたが、考えてみれば、薬が今のようにすぐに手に入る時代ではなかった頃、自分達の知恵で、自分の身体で乗り越えてきた訳で、経験値がまったく違うということですよね。

薬に頼ることも時として必要ですが、まずは自分の体質を改善することが大事だということを、お客様は気づかせてくれました。年の功を侮るなかれ!今は本当に感謝の気持ち、そして尊敬しています。

料理をすることが楽しくなってきた私は、今度は中から体質改善を出来るように、頑張りたいと思っています。

スポンサードリンク