身体を温め、冷やさないことを面倒がらず行動、冷え性・生理痛が解消、気持ちにゆとりが生まれる

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e5%a5%b3%e6%80%a71-crop

私は、35歳の専業主婦です。昔は生理痛で悩むことはあったものの、痛くて痛くて学校に行けない!という経験はありませんでした。2人の息子を出産して、1人目を産んだ時と2人目を産んだ時で身体の変化が大きく違いました。

スポンサードリンク

2人目の出産で体質が大幅に変化、夏場でも冷えに悩まされる

1人目の時は出産を機に生理痛は無くなったのだろうか?という位に痛みがなくなり、すこぶる身体の調子も良く、産んでからの方が若くなった!と言われるほどでした。ところが2人目を出産後、夏場でも冷えに悩まされるようになったのです。生理痛が重いな…と感じるようになったのは、2人目出産後の32歳の時からです。

生理前になると精神的にイライラし始め、手足の冷えが強くなります。生理中は、お腹が痛いのはもちろんで、肩こりが突然ひどくなり、同時に鈍い頭痛がやってくるのです。

生理前から生理が終わる約10日間は、何をする気も起きず、外出するのも辛くなりました。生理に関係なく、女性が冷えるのは良くないと母親から言われ、生理痛も冷えが悪化させていると言われました。

改善するために身体を温める生姜紅茶を飲んだり、腰にカイロをはったり、寝る前にはリラックスさせるアロマオイルをポットに垂らしたりして、冷えを治そうと努力して少しずつ寒いと感じることが減ってきました。

スポンサードリンク

子供とお風呂、さらに寝る前にもう1度湯船で身体の芯まで温まる、面倒だけど続けていると・・・

このまま生理痛も治まってくれたら良いな〜と思っていたある時、子供に「お母さんもドライヤーしたほうが良いよ!」と言われたのです。

昔は髪を気にして頻繁にトリートメントをしたり、夜はしっかり髪を乾かしていたのですが、子育ての忙しさから髪をショートにして以来、シャワーを浴びてもしっかりドライヤーで乾かす習慣がなくなっていました。

確かにいつも半乾きで寝ているし、一緒にささっと風呂に入って、子供は直ぐに布団ですが、私は主人が帰宅するまで起きているので、身体はどんどん冷えていたかもしれない!と初めてこの悪循環に気づいたのです。

32歳で身体を温める生姜紅茶などを始めて、それに加え髪をしっかり乾かして、寝る前にもう1度湯船で身体の芯まで温まる…を面倒ですが続けていると、改善するための行動を始めて1年ほどで生理痛は驚くほどに改善されました。

身体を温める、冷やさないということを面倒と思わないで続けることがポイント

現在も身体を温める、温めた身体を冷やさない!というのを守り、自分の身体を労わるようにしています。そのおかげか生理痛も冷えもほとんど無くなりました。

以前は夏場でも足先だけ冷えたりして大変でしたが、今は冬場でも薄着で行動できるほどに血液の流れが整いました。おかげで冷え性や生理痛にも悩まされず、イライラすることも減り、気持ちにゆとりが出来るようになりました。

身体を温める、冷やさないということを面倒と思わないで続けていくことが、これから迎えるだろう更年期の予防につながると考えてます。

スポンサードリンク