若い娘へ、制服は要注意、冷え性対策を怠ると大人になってつらい思いをします

%e5%a5%b3%e5%ad%90%e9%ab%98%e7%94%9f%e5%86%ac

私の38歳、普通に座り仕事、デスクワークをしています。16歳くらい、高校へ進学したころから生理が酷くて、すぐおなかが痛くなります。

スポンサードリンク

冬の夜、塾帰りにひどい生理痛と冷え性のダブルパンチが襲う

何でしょう、汚い話ですが、おなかを下してトイレに篭った後のような、脱力感とだるさとが混ざったような切ない感じです。とにかく立ってられないような気分でした。でも我慢して立って学校の授業を受けているといった感じでした。

今思えば制服のスカートが悪かったんですね。勿論なかは毛糸のパンツなんてはいてないで普通に過ごしてましたから。今思えばもっと冷えないようにしていれば、あんな辛い思いをしなくて済んだのにって思います。

女性は男性より筋肉が少なく冷えやすい。子供を生むため、身体を冷やしては駄目だといわれます。脂肪が男性より多いのもそのためでしょうか。

私は10代からすごい冷え性で、冬場はすぐに足先が紫色で、一度冷えると外部から温めないと、自分じゃどうにも温められない体質みたいで冷えにも苦しみました。

生理とダブルにそれが来る日、それは塾帰りですね。22時近くになっていたでしょうか、電車のホームで冷えて何回もおなかを抱えて、痛かったのを思い出します。

若い頃は、生理痛が身体の冷えから来ることを知らず、耐えるのみでした

あの頃は制服はスカートに学校指定の靴下、指定のローファーのみで、雪の日も電車を30分以上待っていたんです。身体も冷えるわけで、何度も泣きそうになって、おなかを抱えてうずくまりそうな気分の中、椅子にも座れず立って電車を待ってました。辛かったです。

生理で一番辛い思い出は思えばいつも冬。腰にズキンとした痛みではなくズクンとドシンとくる重たい痛みでヘルニア並に痛かったです。

スポンサードリンク

私は神経に直接来ているんじゃないだろうかと、のちのち同じように腰痛を患ったときに思うほど痛かったです。正直、どうしようもないほど辛いです。下から駆け上るような痛みに声が声にならないような内側から来る痛み。足を捻挫したとかの痛みは耐えられるんですが、あの痛みにはとてもとても。トイレでずっと戦っていた時もあります。

若い頃はそれが冷えからくるなんて知らなかった。お薬も飲みました。バファリンとか。でも常用すると効き目が無くなるのが怖くて、なるべく飲まないように耐えてました。

休みの日はお布団で丸くなって、思えば暖かくしていると治まるのを感じました。あの頃は横になって楽にしているからだと思ってたけど、お布団の温かさも良かったんですね。

生理の痛みは主に腰からおなか周りで、一番腰が痛かったです。今は痛くなると腰にホッカイロを貼ります。それで幾分かいい感じになります。一番冷えるのは足先、腰も冷たいです。とにかく歩くのも辛い。ひどい時は一歩ごと腰にズキンと痛みがきます。

高校生の時に冷え対策をしていればこんなことにならなかったかも

おなかを下したような痛みとヘルニアのような腰の痛み。ダブルの痛みで一度病院に行きましたが、ただの生理痛だといわれただけでした。こんなに痛いのにって、その時思ったのを覚えています。恥ずかしい思いもして診てもらって診断が生理痛とは・・・。

診てもらったのはまだ10代のころで、ショックだったのが後に引いて、また病院に行こうと言う気はそがれました。それから病気もして、今でも冷えると生理痛がひどくなるのは変わらずです。

ただ病気の治療を終えたあたりからは、年をとったのか生理痛で痛む期間は短くなったかな。30代だからホルモンの変化もあったのかも。

でも、酷い痛みには変わりなく、痛くならないよう温めて身体を大事にして過ごしてます。高校生の時に冷え対策をしていれば、こんなことで悩み続けることはなかったと後悔先に立たずです。

スポンサードリンク